母が贈ってくれた私達夫婦の結婚祝いは陶器の夫婦茶碗でした。 ○1

家の食器のほとんどが陶器製です。プラスティック製や木製の食器もありますが、やはり陶器が一番多い理由は何かを考えてみました。結婚して新たに食器を買ったのではなく、そのほとんどが独身時代に使っていたものや、実家で未使用だったもの、また結婚式の引き出物でもらったカップアンドソーサーなどです。なので自分達では陶器製のものを買っていないのですが、何かと陶器を手に入れる機会があり今に至っています。陶器は割れてしまうというリスクがありますが、食器として一番なじみの素材です。昔から日本人が陶器を作り、それに食べ物を盛って食べていたという歴史が、現在の人間のDNAにも受け継がれており、陶器はご飯を美味しく食べれる食器として不動の地位にあります。私達夫婦が結婚をするときに、母が夫婦茶碗を贈ってくれました。母は茶道をしており、陶器のお茶碗の販売会にも出たことがあり、そこで買ってくれた手作りの夫婦茶碗です。

鹿児島 賃貸

新潟 住宅

不用品回収 神戸

ソファー 通販

釣具買取